俺は昔から早漏に悩んでいた。トレーニングや呼吸法をしても改善と言えるほどの効果は無し。最後の手段として勇気を出して治療薬を通販で買ったが、これは効果があるかも?やはり早漏はメンタルに対してきつい!早漏男子を無くすべく、サイトを立ち上げたぞ!

早漏改善のためトレーニングする男性と治療薬を通販で購入する男性

早漏の原因となる尿道炎の治療法と若年性ED

早漏とは女性が性的満足を得る前に、あまりにも早いタイミングで射精してしまうことをいいます。ED(勃起不全)と違い、妊娠という観点から見た場合、そう深刻な問題にとらえられることはありません。しかし、パートナーとの性生活の充実感が低下するため、良好なパートナー関係を保つという意味では、治療が求められるケースもあります。ちなみにEDはたまにできない軽度EDを含めると外来患者さんの調査で成人男性の約80%にものぼるという報告がされています。EDは30代以降の中高年に多い症状ですが、近年では、10代~20代の若年性EDの患者さんも増えているそうです。早漏は治療法はそれほど多くありませんが、EDは治療サプリメントの種類も豊富です。ED治療には厚生省から認可がおりた、L-シトルリンを配合したサプリメントが多く販売されています。
早漏はほとんどは心因性の場合が多く、若い男性に早漏が多い傾向があります。しかし、慢性尿道炎や慢性的な前立腺の炎症など器質的疾患によるものもあります。尿道炎は、尿道の炎症により、神経が過敏となり、早漏になりやすくなります。器質的疾患が原因の場合には、治療が必要です。尿道炎は排尿時に尿道から細菌などが侵入して感染したり、性行為による感染で発症します。尿道炎は淋菌によるものと、クラミジアによるものに分けられます。淋菌性によるものの方が、クラミジアによるものよりも症状が強い傾向にあります。排尿時の痛みや尿道の痒み、尿道からの膿の排出などの症状が出ます。どちらも、抗生物質を投与して治療します。治療してから、3~5日で症状が改善していきます。尿道炎の疑いがあれば、泌尿器科を受診します。他人に感染させる恐れがあるため、早めに受診する必要があります。